コーヒーのしずくと紙のしみ

好きなこと書いていけたらいいなって思います。

詩とは何か

 春のうららに当てられて、ふらっとどこかに宛もなく足を運びたくなる日柄。資本主義的に行かなければならない道筋と、一方で原始的に生きたいと切に願う。現代人の特性の一つには「矛盾性」というのが挙げられると感じてしまいます。

 

 そんなことより、とても興味深い記事がありましたので、それを基に自分の思ったことを書いてみようと思います。こういった考え方って普段は露見しないように抑えているのですが、吐瀉物のように、自分の中にある一定の基準を越えた時にどこかに吐き出さないと満員電車でうっかりと溢れでてしまうと思うのです。しばしお付き合いを頂けたら幸いです。

ekrits.jp

 

  便宜的に今回は「詩」に焦点を当ててみようと思います。ちなみにこれは「芸術」へのアプローチを試みたときにも通じる考え方だと思います。

現代を代表する谷川俊太郎さんとお会いする機会がありまして「詩ってなんですか?」と問いかけたときに、俊太郎さんはいつものようにひょうひょうとした表情で「その人が、それを詩と感じたなら、それは詩になるんですよ。」とおっしゃっていました。

トートロジーのような解答にはなるのですが、なるほどと納得した記憶があります。

 

 私なりに「詩」を解釈するのなら、「意識と意識の外をつなぐインターフェイス」であること。つまり「<私>の意識」と「<私>の意識の外」をつなぐ中継地点です。
ここで<私>の話をするとキリがないので省きますが、意識の外というのは「私達が知覚・思念していないが、有る世界」と言えます。一度も立ち寄ったことの無い原風景にノスタルジーを感じるのはそういった世界と<私>が繋がれたからですかね。
記事中では意味を越えた世界と表現していますが、同様と感じます。
 
 改めまして「詩」とは何かを問うた時に、詩人たちが意味を遥かに越えた世界のインターフェイスを言葉として創りだそうとしたと言うことです。
西脇順三郎詩学』を引用されているように、「詩」を言葉として理解しようとすると、もともと意識の外の世界を表している(あるいは表そうとしている)のですから、どうしても言葉での理解というのは出来ないものです。だってそれは知覚も理解も思ってもいない事柄なのですから。
 論理はよく嘘をつきます。言葉でもってどれほど紡いでも、紡げば紡ぐほどに陳腐なものになってしまいます。ウィトゲンシュタインが「語りえぬものについては沈黙せよ」と言ったように、感覚を言葉にしようとするのは野暮であり、感覚の本質というのは「沈黙」でもってしか表せないのです。言葉で表せる感覚は、所詮言葉でどうにか出来るものなのです。
 
 言葉の持つ意味は、言葉自体に込められた意味よりも、発信者がどういった背景で、そしてどういった意図で伝達しようと試みたかという側面に強く影響すると考えられます。ここの理解は詩ではなくコミュニケーションに於いて考えるとよくわかるのではないでしょうか。
 また、ここでのコミュニケーションの理解は「<私>の持つ言語コードと<あなた>の持つ言語コードは違って当然である。だから私は<私の言語コード>を破り捨てる。次はあなたが<あなたの言語コード>を破ってくれないだろうか?と身を乗り出せること」ぐらいに理解してもらえればいいと思います。要は対話(を試みる)と言われるものです。
少し補足ですが、あえてビジネスコミュニケーションと言われるものがあるように、ビジネスにおけるコミュニケーションは上記とは意味合いが変わってきます。
 
 
−芸術の、そしてあらゆる思弁の卓越した美質とは、われわれが《含んでいる》とは知らなかった行動や、行動の所産を、われわれから引き出すことである。われわれは自分について、さまざまな状況がわれわれから引き出すものしか知らない……ポール・ヴァレリー詩学」(1935)
 この引用を見て頂ければご理解頂けると思うのですが芸術の、いわゆる「詩」の美質とはまさしく「意識と意識の外をつなぐインターフェイス」なのです。
 
私たちは言語と意識の外部性のなかに閉じ込められているからであり、私たちは〈つねにすでに〉そこにいるからであり、「世界 — 対象」を外から観察できるような視点をもっていないからだ。カンタン・メイヤスー「有限性の後で」
これも同様に意識の外にある世界は観察できないために、言語と意識の外部性のなかに閉じ込められるのです。そして「詩」は<私>とそこを繋ごうとしてくれるインターフェイスなのです。
と、こんな感じで理解できるのかなと思います。
 
 
 話は変わりますが、わたしたちはある言葉によって人生に厚みを増す感覚を覚えたり、一方で決して癒えない心の傷を与えてしまうことがあります。こういったことって往々にして誰しも感じたことあるものでないでしょうか。
 また言葉というのは発信した受信したというよりも、自分の中に生まれてしまったことにより癒え難い爪あとを残してしまうことがあります。
 スザンナ・タマーロの「こころのおもむくままに」という小説でもあるように、ただ言葉が胸にのしかかるのは、おたがいなにも言わなかったことがあるためなのだと。
言ってしまったことよりも、言えなかった言葉たちが沈殿し、重くのしかかり、癒えがたい傷をこころに刻みつけてしまうことのです。 
 
 これまた余談ですが、言葉選びというのはその人の人となりが出るように感じます。
何故なら選んだ言葉は<私>の中から浮いて出てきたものですから。
その人が「言った言葉」よりも、言葉の意味というのはその人が「選んだ言葉」に秘められていると感じます。