コーヒーのしずくと紙のしみ

好きなこと書いていけたらいいなって思います。

一寸のささくれ

朝、庭先に霜が降りていて、恐る恐るその上を歩くとキシキシと小気味良い音を立てていました。冬の朝は他の季節と一線を画す景色を見せてくれるので、寒くなるのもちょっとだけ楽しみです。 まだまだ寒くなるよ、と意地悪げな冬の顔が垣間見えるのも悪くない…

夢を語る会

新年早々、姪っ子から始まり、兄夫婦。次に両親。最後に私と風邪の伝搬ゲームが始まり、最悪な体調のまま三が日と今までを過ごしております。 お手伝いしにいっていたお店も、普段のお店からは考えられないぐらい繁盛していたので、病気持ちの体にはなかなか…

恭賀新年

明けましておめでとうございます。何卒、今年もこれからもよくしてください。 もう年号を書く機会があったときに何ともなしに「2013年」やら「平成二十五年」と書いてしまいました。皆さんもそういう経験はあって? 四計の一つに「一年の計は元旦にあり…

はたらきたい展にいき

大晦日の夜は普段より特別で意識してしまうのですが、この朝はいつもと変わらないように感じます。 一年の最後の朝を気にしないで過ごせるなんて、穏やかで悪くないんですね。 働くことを意識してしまうと昨日書いたのですが予てから丁度良いタイミングだな…

一年の計にむけて

今日は大晦日の前の日、小晦というそうです。 冷え込みが一層厳しくなり、今さら冬だなんて言うのもおこがましいほどの寒波です。クリスマスの頃の浮足立った気持ちは、年末よりも新年に、つま先立ちでどういう一年を過ごせるかなと足早になっております。 …